腸まで届く乳酸菌とは

腸までしっかり生きたまま届く乳酸菌について考えてみましょう。腸内細菌でもある乳酸菌は腸内に生きたまま届くことで、腸内の善玉菌を増やすことができるのです。

腸までしっかり届くプロバイオディクス

腸まで生きたまま届く乳酸菌のことをプロバイオディクスと言います。生きたまま腸に届くだけでなく、腸内で増殖ができること、そして腸内環境を改善することができ、食品や医薬品としても安全性が高いこと。生産費用が安く、価格も安いことなどが、プロバイオディクスに求められる条件です。

 

さまざまな研究所やメーカーの研究室などによって、生きたまま腸内に届く乳酸菌が研究されています。もともと乳酸菌は胃酸や胆汁によって分解されることがほとんどです。それによってプレバイオティクスとして、胃酸などによって死菌となっても、腸内で善玉菌の栄養になるという働きもあります。
しかし生きたまま腸内に届く乳酸菌はそれぞれの研究者によって、多くの菌株の中から胃酸などに強い、特別優秀な乳酸菌を探しだしたり、優秀な乳酸菌を培養してより強い乳酸菌を作り出されています。そしてそんな強い乳酸菌がさまざまなヨーグルトなどに使われています。ただし強いと言っても、やはり胃酸の濃度が非常に高い状態のときには生きられないこともあるので、できるだけ食前の胃酸の強いときの摂取は避けるようにしましょう。

 

なぜ腸まで生きて届くといいのか

腸まで生きて届くことで、乳酸菌は即腸内善玉菌として働くことができます。定着は難しくても数日の寿命がある間しっかり乳酸を代謝し、悪玉菌を弱らせる事ができるのです。それによってますます善玉菌が増えるので腸内環境も良い状態になります。

 

死菌になった乳酸菌も無駄はない

乳酸菌の必要以上のものは基本的に排出されていくので、過剰摂取の心配はありません。また腸内に届く前に死菌になってしまったり、腸内で死菌になった乳酸菌は他の善玉菌の栄養となって、プレバイオティクスとして活躍してくれます。このように生きた乳酸菌は腸内の善玉菌として働き、死菌となった乳酸菌もまた餌としてしっかり役立つわけです。

 

生きて届く乳酸菌

生で腸まで届く乳酸菌の中には、ぬか漬けやサワークラフト、キムチなどに含まれているラクトバチルス・プランタラムやラクトバチルス・ブレビス、ペディオコッカス・ペントサセウスなどの植物性乳酸菌は胃酸や塩にもとても強く、腸まで胃酸などの影響を受けずにしっかり生きて届きます。
また動物性乳酸菌でも優秀なプロバイオディクスには、ラクトバチルス・カゼイ、ラクトバチルス・ラムノサス、ラクトバチルス・デルブルエッキサブスピーシーズ・ブルガリカス、ラクトバチルス・ガセリ、ビフィドバクテリウム・ロングム、ビフィドバクテリウム・アニマリス サブスピーシーズ ラクティスなどが代表的な強い乳酸菌として知られています。

乳酸菌について

乳酸菌とは糖類を分解して乳酸を代謝する細菌の総称を言います。200以上の種類があるとも言われていますが、まだまだ研究によってこれからもっと多くの優秀な乳酸菌が発見されるのではないでしょうか。そんな乳酸菌について、もう少し考えてみましょう。

 

乳酸菌とは

乳酸菌とは糖類を分解して乳酸を50%以上代謝する細菌の総称です。球状の乳酸球菌や棒状の乳酸桿菌などがありますが、その中にもさまざまな属や菌株に別れています。動物性乳酸菌は哺乳類の腸内に存在しており、また植物性乳酸菌の場合は植物が発酵しているところならどこでも存在します。動物性乳酸菌とは性質が少し違いますが、どちらも人の腸内でもしっかり働いてくれます。

 

乳酸菌の歴史について

乳酸菌の歴史は17世紀にオランダのレーウエンフックによって顕微鏡が作られ、微生物の観察において発見されたとのこと。そしてフランスのパストゥールという学者によって乳酸菌はもっと研究され、同時期にドイツのコッホによって赤ちゃんの便から純粋培養法が実現されました。
その後、パストゥール研究所にてメチニコフによって、ヨーグルトをたくさん食べるブルガリアに長寿の人が多いことから、ヨーグルトに含まれる乳酸菌の研究がより進行していきました。メチニコフは1908年にはノーベル生理学・医学賞を授賞しました。

 

乳酸菌の効果

乳酸菌自体が善玉菌なので、腸内ではしっかり乳酸を代謝して悪玉菌を減少させることができるため、腸内改善効果が期待できます。また腸内には60%〜70%の免疫細胞が存在していることから、免疫力向上効果も高く、それによってアレルギー症状緩和効果も期待できるのです。
また腸内環境が改善されることで体質改善効果、コレステロール値低下効果も。そして便秘解消効果によって美肌効果も大いに期待できます。他にも腸内環境が良くなるとビタミンB群の合成が順調に行われ、それによって鉄分吸収も十分行われやすくなるので貧血予防効果もあるのです。
最近の腸内研究によって、腸内環境がすべての健康の源とも言われています。腸内環境を改善する乳酸菌は間接的に、すべての健康効果にもかかわっていると言えるのではないでしょうか。

 

乳酸菌を含む食品

ヨーグルト、チーズなどの牛乳から作られる発酵食品に多く含まれています。また植物性乳酸菌は漬け物などの発酵食品や、味噌、醤油などにも含まれています。しかしヨーグルトを毎日十分摂るには嗜好の問題もあります。また漬け物などは塩分摂り過ぎに注意が必要です。そのため十分摂取したいときには乳酸菌サプリを利用するということもおすすめです。